カードローンの利用の時はどうして審査があるのか

カードローンは専用のカードを発行してもらって行う融資の事で、お金を借りる度に申込みをしなくても良い点などから高く評価されています。消費者金融だけでなく銀行でも扱っている所があり、担保や保証人なしで申し込む事が出来るようになっています。しかし、実際には申込をした後に審査が行われ、それを通過した人だけがお金を借りられるシステムなので、誰でも利用できるわけでは有りません。金融機関にとって、お金を貸す事は決して慈善事業ではなくあくまでもビジネスです。だから誰にでもお金を貸しても良いわけではなく、貸しても大丈夫な人、返してくれそうな人にしかお金を貸しません。その人に貸しても良いかどうか、本当に大丈夫かどうかを判断する為に行われるのが審査です。年齢、収入、勤続年数、他社借入件数等を調べ、本当にお金を貸しても大丈夫か把握します。また個人信用情報機関に照合したり、在籍確認などを行って金融機関が決めている全ての条件をクリアした人だけが融資を受ける事が出来ます。

だからこれに通貨する事が出来なければ、どれだけ収入が有ったとしても融資を受ける事は出来ません。金融機関にとって、貸したお金を回収できるかどうかという事はその後の運営にも大きく影響してきます。出来るだけ貸し倒れリスクの低い人に融資する事が重要となって来るので、お金を貸してほしいと願う人全てに融資するわけでは有りません。また、審査ではその人の収入や利用実績等に合わせて金利も決めます。特にカードローン等の無担保融資の場合、もし債権者が返済できなくなった場合、一切の弁済方法が無い状態となってしまいます。だから出来るだけ貸したお金を早く回収する事も考えて金利を設定する事になります。利用者の側から言えば審査は無くても良いのではないかと思う事も少なくありません。しかしこれは正しくお金を貸す為にも必要な事で、実際に審査があるかどうかでその金融機関が正しく貸金業を営んでいるかどうかを判断する事も出来る程です。

カードローンの利用の時はどうして審査があるのか